スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットについて

食べないダイエットって駄目。
怖くて出来ない。笑
極端痩せから小太りになったので痩せたい気持ちはあるのだけど、
痩せていた頃の感じが拒食症に近い感じだったみたいで。
その頃は痩せた状態のまま成長期から大人になっていたので、本来の拒食症ではなかったと思うけど。
食が細くてホントに食べられなかったのですよ。
元々食が細かったトコに夏バテで、真剣にたべられない状態に。
その時、キチンと医者にいっとけば小太りにならずに済んだのかもだけど。笑
怖いですよー。
食べたいのに体が食べ物を受け付けない状態が続くのは。
だから健康になれば自然に落ちていくだろう、と、いう発想のもと、地道にダイエットしてます。
激しい運動とかまでいかなくても、ストレッチやマッサージとかでストレスを解消していけばドカ食い減りますしね。
精神的に安定してくれば、お出かけしたくなるし、お出かけの回数も増える。
ウインドウショッピングだって、立派に運動になりますよ。
雨の日にショッピングセンターうろうろ歩くとか。笑
ただ、歩き方のコツは押さえないと駄目ですけどね。
スポンサーサイト

整形したい箇所

美容整形は是非してみたいです。
美容整形してみたい部分ですが、
目、鼻、口が一番したいですね。
まず、目を二重にしてぱっちりとした大きさにしたいです。
次に鼻ですが、だんご鼻なので、クレオパトラの様に高い鼻にしてみたいですね。
次に口ですが、これも口角が下がり気味なので
口角がくいっと上がった笑顔が似合う口にしてみたいです。
美容整形は不細工な私にとっては人類の与えた英知だと思います。
きっと生まれもって美人な人には分からないお話だとは思いますが
美容整形を望んでる人は多いと思います。

こつこつダイエット、2年後歓喜

現在の私(30代半ば)は、151センチ・42キロ。ウエスト58~60センチです。
けれども25、6歳までは、151センチ・53キロ。ウエスト70センチ少々でした。
太っているために揶揄され、傷つくような言葉を言われ……ダイエットに挑戦したわけです。

無理なダイエットはリバウンドしたり、体を壊したり、ストレスが溜まったりしますから、「小さなことからコツコツ」ダイエットをすることにしました。

たとえば、サラダのドレッシングをノンオイルに変える。
ゆで卵にマヨネーズをかけていたのをやめ、酢醤油にする。
通勤時、バス停を1つ手前で降りて歩く。

10キロ落としました。
2年間かかりましたが、体を壊すこともなく、現在に至ってもリバウンドはありません。

ダイエットを考えている方。
まずは焦らず「こつこつ方法」を試してみてくださいね。

美容整形

美容整形で二重にしたいって人の次に多いのが、胸を大きくしたいって人ではないでしょうか。胸が小さい人にとっては胸がないってことはけっこう悩みみたいですからね。そんなちょっと胸を大きくみせたいって悩みは男性にはなかなかわからないのでしょうが、けっこう男性陣のなかで話題にしちゃってるみたいですよね。女性にとっては失礼な話です。いまは違うのでしょうが、一昔前は胸を大きくする手術に失敗したって話がたくさんありましたよね。すごいあとが残ったとか。そんなのこわいなって思います。

ダイエット

ダイエット経験者です♪
ダイエットって、いかに無理せず続けるかが大切になってくると思います。
例えば・・・いつもバスを乗るところを、歩いてみたり。
スーパーに買い物に行く時に、自動車じゃなく歩いてみたり、自転車にしてみたり。
そういう小さなことをコツコツ繰り返していくことが、ダイエット成功のカギだと思います!
食事制限をすると、すぐに体重は落ちるけど、その分リバウンドもしやすい。
1ヶ月に2キロぐらいずつのペースで、ゆっくり時間をかけてダイエットをしていくことが、理想だと思います!

経験者の私が言うのですから、間違いないですよ!

みなさん、わきの匂いや毛のケアはどうしてますか?
いろんなワキのにおいを抑える商品が出ていますが、
ワキって汗がどうしてもかくところだし、
どうしても匂います。
そしてそういうケア商品って、一生買い続け、
一生使わないといけないってことになりますよね?

これってもったいないと思いませんか?
私は思い切って、わきが &脱毛手術をすることをおすすめします。

実はわたくし、昔、美容整形クリニックで、わきが 治療と脱毛を受けたことがあるんです。

もちろんお金はかかりますが、一生抜いたり剃ったりする必要も
なくなったし、
ケア商品を一生買うことを考えたら安いもの!
今では全く必要ないんですから、本当に思い切って
やってみてよかったと思います。

ダイエットの体験談

 ダイエットは、運動と食事の生活習慣を変えることからはじめます。私のとった方法は炭水化物ダイエットです。ごはん、パン、麺類のような炭水化物は食べない。その分、肉、野菜などは自由に食べることができます。
 運動だけで痩せようと思ってもやせることはできません。両方の組み合わせが大切です。結果として90kgあった体重が74Kgまで減らすことにせいこうしました。3年くらい前の話です。いまは79Kgですから、リバウンドしつつあります。
 これは、家族と一緒にすごすとどうしてもご飯を一緒に食べてしまわざるを得ないから。本気で痩せようと思ったら、周りの人の協力も大切です。

美容整形/芸能人

TVで見る輝かしい芸能人。「あの人は整形か?」などよく耳にします。
芸能界では整形は当たり前?という感じなのでしょうか。やはり「外見」が良くないと生き残れない、過酷な戦場のような気がします。本当か嘘かは真実はわかりませんが、芸能人の人達ように「自分を売る」ために美容整形を選ぶ人もたくさんいるかもしれません。噂をされてもやはりキレイで華やかな方が見てる私たちも楽しいですね。自分も芸能人なんてことになったら美容整形したいです、しなくちゃいけません。

ダイエットについて

 私のダイエットの基本は、運動にあります。いかに筋肉を付けて、太らない体質にするかを、基本において実践しています。そのためトレーニングも、ウォーキング、筋トレ、ヨガ、などを中心としています。
 サプリメントは。アミノ酸系を中心に、ビタミンミネラルなどを摂取します。食事は、消化のいい野菜やヨーグルトなどの積極的にとっています。一気には、やせませんが、2年くらいすると、かなりいい体型になりました。
 トレーニングでは、無理をせずに、時間や間接に無理がかからない程度に、筋トレをしています。体を壊したり、やりすぎてあきらめないように、メニューや休みなどを入れて、長く続けられるようにしています。
  

美容整形の金額

私は美容整形を行ったこともないし、カウンセリングをしたことが無いので概算でも分からないのですが、テレビ番組などで見る限りはとても高い金額にみえてきます。数百万円以上の手術はよく見ます。もちろんその金額だけの効果はあるなと感心する物ばかりです。テレビには女性の姿が多く映し出されていますが、今の時代は女性だけでなく男性の人も美にお金をかけているの男性特集見たいのがあっても良いですよね。男女金額対決!!なんて良い企画ですよね。

ダイエットの方法

今までいろいろなダイエットの方法が紹介されてきましたよね。 今ではビリーズ・ブート・キャンプとか、でしょうか。 一時流行っても、なかなかブームは長く続きませんよね。ダイエットをムリだと断念したり、減ったからといってダイエットをやめてしまったりと、なかなかダイエットを続けるのはラクではないですよね。
私の場合も、一時太ってびっくりしてダイエットを始めたのですが、効果が出始めるとつい油断して、サボりがちになってしまいます。なかなかラクに続けられるダイエットって、ないですよね。

ダイエット

夏前からダイエットしなきゃしなきゃと言いながら、もぉ秋ですねぇ...

でも最近何もしてないのに体重が2キロくらい減ってましたぁ!

レゲエ魂でノリノリで踊ってたからかな?ワラ

なんかウエストがすっきりしたよぉな気がします♪

でも、こないだもちょっと痩せたと思って油断してお菓子食べてたら直ぐ元に戻ってしまったので...

この体重を維持できるように何かしよぉかな?

やっぱり簡単にできるのは、ストレッチや体操ですよね!

今日から少しずつ始めよぉっと!!

美容整形 コンプレックスの克服

誰でも、美しい人に憧れます。自分自身もより美しくなりたいと思います。
ただ、もっときれいになりたいからなどという理由で、
親から貰った顔に傷をつけることに否定的な意見を言う方もいます。
もちろん、キズはつけないことが理想です。
でも、親から貰ったその顔にコンプレックスを抱いて、ずっと下を向いて歩いていたら.......!!性格まで暗くなってしまいそうです。
自分に自信が持てること、もてないこと。
気分次第でどうにでもなるようですが、容姿に対するコンプレックスは、
心の持ち方では、どうにもならないところがあります。
「心の美しさがたいせつ」などといっては見ても、やはり、ルックスの他者に与える印象は否めません。
美容整形はコンプレックスを前向きに克服する手段です。

「ダイエット」についての体験談

今日は「ダイエット」について書いてみたいと思います。

私の「ダイエット」についての体験談は、いっぱいあります。

いっぱいあるということは、逆に言えば余り成功していないと言うことでもあるんですが、マアそれはご愛嬌ということで。w

具体的にどのような内容かと言いますと、体験したダイエットの種類としては、多岐にわたります。

食事系のものだと、最初に試したのが、ゆで卵ダイエット。

次に試したのが、りんごダイエット。あと豆腐ダイエット。速攻で試してやめたのが納豆ダイエット。

ただ、飽きっぽいのでこれらのような、単一食品やほとんど単一の栄養素によるものを食べ続けるものは精神的にきつかったです。

あとは、炭水化物ダイエットもやりました。

もちろん運動系もやってます。エクササイズよるダイエットは、ジョギングはもちろん、ビリーズブートキャンプもやっています。

もちろんこれからもいろいろ試していきますよ!!

めざせ、理想の体系!!

わきが

『わきが』で悩んでいる人っていると思います。きっととても悩んでいるんだと思います。もし自分がそうだったら悩み抜くと思いますから。

美容整形って『顔、胸を変える』としかイメージがわかないけれど、わきがも美容整形の域なんですね。

知り合いの人でワキガの人がいます。私はにおいにはなぜか敏感でとても気になるんです。色々おしゃれにもお金をかけている人です。その分、治療すればなぁ~なんて心で思うことがあります。余計なことかもしれませんけれど。

美容整形=身近でない

こんなイメージはそろそろ払拭したい時代になりましたね。

ゆっくり8キロ痩せました

毎回、人間ドックの検診でひっかかり、脂肪肝だの何だのと怖い単語を沢山聞きまして。それだけなら重い腰をあげるつもりは無かったんですが、ブームに乗ってオヤジドックバンドを組む事となりました。人前に出るんじゃこのおポッコリお腹は悲しいよね、少しはダイエットした方が良いかもと感じるようになっておりました。

後押ししてくれたのは人間ドック後の医師のひと言でした。
---1カ月1キロ痩せる工夫をしなさい、それなら自然と1年で12キロダイエット出きるでしょう??

うん、それなら出来るかも。やってみようかね。

それ以後、食事の量を若干減らしたり。ビールをやめて焼酎にしました。それから酒の肴もカロリーの低いものに切り替え、カロリーゼロのこんにゃくゼリーをチューチュー吸いながら酒を飲んだ日も。

それから、2年経ち。おかげで、MAX時より8キロ減。
殆どダイエットしているという悲壮感は無かったです。昔のジーンズが履けるし、バンドやってる写真を見ても、お腹回りがそんなに恥かしくないです。
体調もとてもよく、元気な日々を送っています。

私が成功した理由は、自分がどんなタイプの肥満なのかが自覚できていたからだと思います。私の場合、単純に運動不足と酒の飲みすぎ、ツマミの食べ過ぎ。

誰でも、痩せられると思いますよ。たまにはじっくり、自分と向きあって自身の体について考える事も大切ですよ。

美容整形したほうがいい?

美容整形がだいぶ身近になってきましたね。
プチ整形なんて「お化粧みたいなもの」って位置づけになってきているような気もします。

昨日、笑っていいともの秋の祭典SPで
ニューハーフの方が顔の美容整形手術にいくらかけているかというのを
当てるというクイズのコーナーがありましたね。

0円から1000万を超える人までいて驚きました・・・

高額な人は何度もやり直し手術をしているので
金額が上がっているとか・・・

一度やると2度も3度も同じなのでしょうか。
それよりも自分の気になる場所をキレイにしてもらいたいのが優先なのかもしれません。

お化粧でキレイに作り上げるのか、
美容整形でキレイにするのか・・・

女性としては美容整形のほうがラクなのですが
男性としてはどうなんでしょうか・・・

お泊りして、寝るとき
「誰だかわからない」
っていうのも結構幻滅のような気もするのですが、

「顔にメス入れたのか?!」
ってのは知られなければ素がきれいなだけと思ってくれるかな?
とか思うわけです。

韓国ではご飯を食べに行くような軽い感覚で美容整形をしにいくそうですが
まだ日本ではそこまでではないですよね。

あたしもお金に余裕がないのでうけようという気にならないし・・・
でももっと身近で、もっと安価でできるんだったらやってみたい気もします。

女性だったらだれでもきれいでいたいですもんね☆

究極のダイエット法

わたしは今までに体型を維持するために食事制限したりいろいろなダイエット法を試しましたが、一日の食事の回数と時間を決めて規則正しく生活するだけで、世間一般で言われるダイエットということを特に何もしなくても、かなりウェイトコントロールができることに気付きました。それは、一人暮らしを始めてから、意識して間食などをやめた結果、体重がみるみる落ちた経験があるからです。体型を維持するためには規則正しい食生活を試みることが必要だと思うと同時にこれが究極のダイエット法だと思います。

美容整形の予算

よくTVなどで美容整形で鼻と目を治していくらかかったとか言うのを聞きますが、結構高いものですよね。でも美しくなれるなら安いのかな。
そこで、最近の美容整形の予算の目安について調べてみました。医院によって差があると思いますが、一般的なものを紹介します。
二重:埋没法(両目)で19,800円~150,000円
二重:切開法(両目)で200,000円~300,000円
同じ二重にするのでも埋没法と切開法ではこんなに差があるのですね。
くまをなくすのは400,000円もかかるそうです。確かにアンチエイジングの効果としてはかなりあるかもしれませんが、それにしても高いですね。
それから鼻を高くしたり、唇を小さくしたりするのは300,000円くらい。輪郭:頬骨の形成は、なんと1,000,000円だそうです。かなり難しそうですもんね。
その他、豊胸術が500,000円~1,000,000円、脂肪吸引が400,000円くらいだそうです。
美しさを手に入れるためには、先立つものはお金なのでしょうか?!
高いか安いかはその人の気持ち次第かもしれませんね。

私のダイエットの約束

私ももちろんダイエットをしたことがあります!ダイエットって別に悪い事とは思っていませんが、ある掟というか約束事を決めてするようにしています。一言で言えば、「無理をしたダイエットはしない!」ということです。この約束さえ守れば、いくらでもどんな方法でもダイエットはします!ダイエットをする!という時は、着たい服が着れないとか、太ってきた!とか、綺麗になりたい!などいろんな理由はあると思います。そこでダイエットをしていくわけなんですけど、これまでの生活の環境は変えない!朝、昼、晩と3食はきちんと食べる!きちんと睡眠をとる!など、基本的なことは変えないで、例えばカロリー計算をしてカロリー摂取を減らしていくなどのダイエット方法を私はとって成功しました。皆さんも約束事を決めてするといい方向に向かいますよ!

美容整形の文字に惹かれたこともあります

小学生~高校生の頃、自分の顔が気になってました。
若い頃は顔の特徴をあげつらうのが良くあること。口がでかいとか、ギョロ目とか。
今まで気にしてなかったのに、言われたら気になるもの。
テレビで美容整形のCMを見ては、「あれでどうにかできるのかな」と思っていた日々がありました。
高校卒業の少し前。あまり話したことのない女子が「貴方、歯並び綺麗だね。笑ってるときとか口元綺麗だと思ってた」といきなり言ってきました。
小さな一言だったけど、影響は大。
自分が気付かないような良いところも人は見つけているようです。
20代になったら「目が大きくていいね」など言われました。
10代の悪口は特徴を極端に言っているだけで、のちのち良い方向にも転がるようです。
この顔を好いてくれる友達も多いです。
鏡を見れば、美人ではないけれど見慣れた顔。
まあ、良く言えば愛嬌はあります。
とりあえずこのまま年を取ろうと思ってます。
美容整形が必要なほど切実に思い詰めるケースもあるので一概には言えませんが、気になってから5年~10年様子を見るのもいいかもしれません。

食事制限ダイエット

女性ならほとんどの方が経験したことのあるダイエット。
私も、学生の頃何度か挑戦したことがあります。
その中で1番効果があったのが、食事の量を減らすこと。
単純ですが、これが結構難しく、そして効果が表れやすいと
思います。

特に夜は、1日の食事の中でも豪華なものが出てくることが
多かったのですが、そこはぐっとこらえて我慢我慢。
腹8分どころか、腹3分ぐらいでやめていました。
食事が終わると、すぐに歯を磨いたり、自分の部屋に行くなど
食べ物を見ないようにしていました。

そんな涙ぐましい(?)努力の結果、3ヶ月で5㎏の
減量に成功しました。
その時の体重・体型は、10年以上経った今でも維持しています。

美容整形について(2)

雑誌やWEBの広告などで、知名度の低い医院の美容整形施術内容の広告をよくみかけるのですが、手術前の写真と、手術後の写真が本当に本物なのか、どこまで信用して良いのか分からず、未だに美容形成を利用したことがありません。
有名な美容整形外科は高い価格でも、雑誌などに掲載されている美容整形外科は有名医院よりはるかに料金が安いのです。
女性なら誰でも1度は美容整形をしてみたいと思う時があると思うのですが、みなさんがどういった方法で良い医院の見分けをしているのか知りたいです。

ダイエット

私は今は身長160センチで50キロと太っていませんがかつては
今よりも5キロくらい太めでした。
ダイエット方法としてはできるだけ歩くようにして食べ物も腹
八分にして甘いものは控えるくらいでそうそうむちゃなダイエ
ットをしたわけではありません。
私の経験からすると太っている人で「私は水を飲むだけでも太
るんだ」と豪語している人がよくいますけど、彼らは水と称し
てジュースを飲んだり、アルコールはカロリーがないなどと勝
手な思い込みでカロリーを取りすぎているのではないでしょう
か。
太っている人はぜひ一度自分に正直に食べているものを書き出
してどれくらいのカロリーになるのか考える所から始めるとよ
いのではないでしょうか。

美容整形

美容整形というと女性のものと考えがちですが、
男性の私も美容整形を考えることがあります。

それはお腹の脂肪に関してです。

私は現在49歳ですが、
5年前までは高校時代からの体重50キロを維持していました。

ところが、5年前から急に太りだし、
今では体重75キロです。

ナイスミドルからただの中年男性になってしまいました。

運動などで脂肪を落とすのがいいのでしょうが、
美容整形で一気に落とすのも魅力があります。

今は男性でも堂々と美容整形してもいい時代ですよね?

ダイエット

 私はもともとぽっちゃりなので、いろいろダイエットを今までしてきました。
まず簡単だったので、食べないこと。ご飯を食べないのって一番簡単なんですよね。その次にしたのが、水です。水を飲んで胃を小さくさせるもの。
確かに水を飲むとおなかが膨れて食べれないけれど、トイレに行く回数も増えるし、むくむんですよね。その次が、スパイラルテープを指に巻くやつ。すごく流行っていたけれど、あれまき方がむずかしいし、やせませんでした。あと、ダンベル。
運動は嫌いなので長続きしませんでした。その次が、歩くこと会社から家までを歩いてたんですが、会社でミスをしたときに歩いてるから疲れているんじゃない?って文句を言われたりと、長続きしたものはありませんでした。

美容整形 脂肪吸引について

これは言葉の通り体にある脂肪を直接吸引してその部分をやせさせてしまうって言うことです。
世の中にダイエット方法は星の数程ありますがどれを試しても未だ成功しないって人多くないですか?実は自分もダイエットはたくさん試しているんだけど効果的なダイエットはなかなかなくって…
そこで美容整形の脂肪吸引を紹介します。 脂肪吸引は外科的手術で脂肪そのものを除去しちゃうのでもちろん痩せるんですよね。
それに脂肪を取り除いた部分には新たに脂肪が溜まりにくいらしいですから安心みたいですよ。

ボクササイズ!

ビリーまだまだはやってますよね!!!
ビリーの二番煎じのようなDVDもたくさん発売されています。
私も、何をかくそうボクササイズしてました。
のめりこんでたときには毎日のようにジムに通ってましたので、やはり痩せました。痩せたというより引き締まったという感じかな?
ああいう運動系のダイエットをしているとだんだん脂肪のことよりも筋肉のことが気になってくるんです。
腹筋が割れてきたかな?とか・・・
でも、やっぱり運動やめるとダメですね。
忙しくていけなくなると筋肉が落ち、もののみごとに脂肪に戻りました。
やはりダイエットは程よくつづけるのがいちばんですね!

個性ある美容整形

誕生日のプレゼントに美容整形、これは韓国では普通の事だそうですね。
私もソウルは何回も行きますが、韓国の若い女性のお化粧はみんな同じ
パターン、色彩を感じるのは私だけでしょうか。もちろん美容整形が
日常に行われてる国ですから、鼻の形や目の雰囲気など区別のつかない
美人だらけ、なんだかユンソナがたくさんいますよ。
それはそれで人の国のことですから、そんなの関係ない~なんですが、
やはり個性がなくなることは寂しいですね。
せめて個性ある美容整形なんてどうでしょうかね。
世の中は十人十色だからおもしろいのかもしれません。

長期的なダイエットが理想

あまり太っているほうではありませんので、極端なダイエットをしたことがありません。
結婚式や同窓会などのイベント前にお菓子を控えて体調を整える程度でした。

ところが年齢には勝てないようで、お腹周りや太ももがかなり重くなってきました。
ズボンもきつい!
こうなると、体型維持のためにダイエットをする必要がありそうです。
急激なダイエットはNG!健康を害するだけです。
理想は、毎日の軽い運動。
ウォーキングやストレッチ体操なら、ムリなく続けられる・・ハズ
すぐにでも実行しなくてはいけないのですが、「時間が無い」ことを理由に始められない私は、一生ダイエットできないのかもしれません。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。